DIARY

質問に答えてみる☆

今日は、アニカンさんで連載させて頂いているコラムを書いてました♪
家のパソコンがMacに変わって、慣れないので苦戦してました^^;
今書いてる日記も。。。
隔月で書かせてもらって早、第10回。
今月末の紙面に載る予定です☆
第9回までのも、webで見れます。
『Suaraの声』http://www.anican.jp/column/suara_koe/default.aspx
お仕事の話、はまってることなど、全くテーマに一貫性がないのですが(>_<)見て頂けると嬉しいです♪
さて、先日の日記コメントに返事を書こうと思ってずっと考えていたものがあって。
いつもコメントくれる加藤くんの「どうしたら歌が上手くなれるか」という質問。
確かプロを目指しておられると思うんですが。
文面で簡潔に答えるには難しすぎてね^^;
私も、自分が理想とする歌い手にはまだまだほど遠くて、毎日歌が上手くなりたいと思っていますよ。
「上手い歌」というものの捉え方も、これまた難しくて、人それぞれ好みもありますし、単純にきちんと歌えているものをさす人もいるだろうし、もちろんそれ以上の、感情に訴えかける歌でなければ、という場合もありますが。。。
ここではそれは置いといて、たぶんどういう練習をしたらいいか的な質問かなと思って、そっち方向で書こうと思います。
加藤くんは学校で基礎的な歌の勉強をしていたはずだよね、たぶん。
声づくり、そして歌を歌うための体、体力づくりは、本当に大事なので絶対頑張ってね!
たまに調子が悪い時とか、歌っていく中で悩むことはいろいろ出てくるけど、やっぱりこういう基本的な力があることは、自信に繋がるんですよね。
声や歌って繊細なもので、精神的な部分とのつながりも深いけど、まず歌手としての体がちゃんと出来ていたら、乗り越えられることも多いと思う。
どんな分野でも基本が大事!
私が身を持って感じたことです^^
あ!長くなってきちゃった^^;練習のこと書くんだった。
私の練習方法ね。
もちろん自分の歌を、実際に歌って練習はしますが、それだけじゃなかなか上達しないかなあ。
やっぱり歌ったものを録ったりして客観的に聴くことが大事かな。
特にレコーデイング前の新曲の練習やリハーサルの音源なんかはよく聴きますけど、まあいろいろ弱点が見えてきますよ(笑)。
気持ちよく歌ってるときにかぎって、曲に対するノリが違っていたり、本来やるべきことが出来ていなかったりするものですよね。
カラオケで楽しく歌うのとは違うものだから、気持ちは入れつつも客観的な耳は持ってないといけない。
じゃあどうしたら客観的にいい歌かどうかを判断できるか?!
やっぱりそこは、たくさんの音楽、歌を聴くことやと思います!
いろんなジャンルがあるし、さっき言ったように好みもあると思いますが、どんな曲でもその曲に対してある程度「正解」の歌い方ってあると思うんです。
その曲を生かすための歌い方というか。大きく言えば、「語る」のか、「歌い上げる」のかとか。
また声のトーンとか、そして一番大事なのは、言葉のフレーズをどうメロディに乗せるか。これは洋楽を聴くのはとてもいいと思います!
曲を生かすということは、どうしたらその歌をうまく伝えられるか、にも繋がってくると思います。
今回は「練習」というポイントでお話してみましたが、歌はとにかく深い!!まだまだ道途中な私でさえ、言ってあげたいことがたくさんある!
気持ちだけがあっても、また、技術だけがあっても、プロとして人に歌を伝えることは難しいものだと日々思う。
加藤くんが、歌手になりたいと思ったときの気持ち、何を歌で伝えたいか、誰に向けて歌うのかを大事にしながら、練習がんばって下さいね♪
私もまだまだこれからなので頑張るぞ!!

質問に答えてみる☆ への10件のコメント

  1. れんげ さん

    初コメです、多分(笑)
    こんばんわ。
    何事も、基本が大事ですよね。
    「ベース」だとか、「軸」だとか、「土台」だとか、いろんな言い方ができますけど、ともかく、なにかを積み上げるには、その「基礎」となるものが必要で、結局は、それが自信や応用力にも繋がりますからね。
    なんて偉そうに言ってますが、実はこれ、私が自分によく言い聞かせてることです…。
    なんだか熱い内容の記事だったので、思わず反応してコメントさせていただきました。
    では、おやすみなさい。

  2. よういち さん

    Suaraさん
    かわいい

  3. きのこたけのこ さん

    Macと聞いて…
    私は10年以上Macを使用しているMacヘビーユーザーです。SuaraさんもMacユーザーの仲間入りなのですね!
    Windowsとは漢字の変換操作一つすら違うので戸惑うと思います。私も学校でWindowsを使わされたので最初は大変でした。
    Windowsのいい所が右クリックなのに対して、Macのいい所は感覚でパパッと操作できる所だと思います。
    例えば、ウィンドウはファイル毎に開くので(特に同じアプリケーションのファイルが!)並べて見比べながら作業できますし、当然同じファイルを2ウィンドウ開けますのでwordでの長文作成に便利ですし、オフィスソフトはツールパレットがあるのでいちいち設定を呼び出す必要がありませんし、半角全角の切り替え間違いがありませんし、トラックパッドがあるのでしたら二本指の操作で楽々スクロールできますし etc.
    あとMacを使いこなすにはショートカットキーを覚えるとより便利ですよ。特にMacはスクリーンショット(command+shift+3)がオートセーブで楽です(Suaraさんが使われるのかわかりませんが)。
    Macはキーボード操作とクリック一つの簡単操作がポイントなのですね。SuaraさんもMacを使いこなせるように頑張ってください!
    ここまでMacについて長々と失礼しました。
    3月の大阪ライブは絶対に行きますね!

  4. 加藤 匡次郎 さん

    返事くれてありがとうございます!!!
    本気で泣きそうになりました(>_<)
    本間にめちゃくちゃ嬉しいです。
    Suaraさんでも理想としてる歌い手にはまだまだ何ですか…。
    そんなん、僕なんか…、と言いたいところですが、ここではマイナスコメントは止めときます。
    体力作りは、この2、3ヶ月サボってたんでまたガンバリます。絶対に!(バイト始めるんで、毎日は出来ませんが(泣))
    やっぱり基礎ですよね(^_^;)
    一応ですが発声はしてます!
    仕方も勉強してます!
    ただ声の出し方には、かなり困ってて、困り果ててるんですが、もうすぐ18歳やのに、変声期から安定してないらしく、声がよくひっくり返ったり、高音もなかなか出ない状態です。(喉が開いて出るのがF♯です。閉まって出したらhihiBぐらいまで)
    必死で直してるんですが、安定してない時に無理しすぎると、今後に影響して来るって先生に言われて、学校の教室借りて練習する時間が短くなりました(泣)
    自分の歌を聴くのは、ホントに言われてる事なんですが、レコーダーが無いんです。
    ただ、木曜日にレコーディングの授業で歌を録るんでその時に聴けるんで、今必死に練習してます。
    やっぱりB’zやAEROSMITHみたいなロックが中心ではありますが、いろんな曲を聴くようになってきました。
    洋楽も好きですし、上手すぎる人も多いんで良く聴きます。
    「言葉のフレーズをどうメロディーに乗せるか」これは、正直どこまで考えて歌ってるか、自分でも分からないです。
    一番大事と言われると、やっぱりその辺も真面目にならなあかんなぁ、と思います。
    洋楽聴くんが良いって事は、ちょっとは出来てたらいいなぁ…。
    この日記を何回も読んで、コメント書いて3時間近くかかりました。
    正直言うと、もう会って話したい、歌を聴いて欲しいです。 まだまだ言いたい事、聴きたいこといっぱいあります。
    去年のインストアライブで握手して、少し話して今でも、僕がプロ目指してる事覚えてくれてることが、本間に嬉しいです。
    あの時「プロなるん待ってるぜ~」ってSuaraさんに言われた時心の底から嬉しかったです。
    あの時の歌声ホントに心動かされました。
    3月楽しみにしてます!
    ホントにガンバって下さい。これから出るCD、DVD1枚欠かさず買いますんで。本間にありがとうございます!
    最後に、レコーディングで録った歌送るんで、聴いて貰えますか?

  5. quatre(香港) さん

    コラムを読みました。
    Suaraさんも「春田花花幼稚園 マクダルとマクマグ」を見ますね~ 実はアニメだけではなく、漫画と絵本もありますよ~
    最初、子供向の物語と思いますが、かわいいキャラクターで、そして日常生活の色々な事を通して、道理や哲学を説明するかもしれもせん。
    「春田花花幼稚園 マクダルとマクマグ」の中で、一番好きなキャラクターはどちらですか?

  6. ふじわら さん

    プロミュージシャン=有名人ではないという事。
    インディでもアマチュアでも、そこらへんのプロより輝いている人はいくらでもいます。
    人気者になりたい心が先行したら、いつかそれが大きな足枷になります。
    その気になれば直ぐにでもステージに立つ事が可能です。手段はいくらでもあります。
    伝えたいものがありますか?
    客のいないライブでも全力て演奏する覚悟はありますか?
    夢を夢と思っているうちはいつまでも夢です。
    考動(こうどう)してくださいね。

  7. きたはら さん

    お疲れ様です。
    なかなかに素敵な交流ですねぇ。
    (´∀`)
    個人的にはふじわらさんのコメントにほぼ同意です。
    自分も最近気付いたばかりなのですが、メジャーシーンに出てくる人達は、音楽業界と呼ばれる世界ではごく一部だと思われます。
    沢山の方達が音楽活動をしていて、音楽に対しての関わり方は多岐に渡り、人それぞれだと感じます。
    加藤さんはまだお若いと思うのですが、これから沢山の事を吸収する為にも頑張って下さいね!
    音楽に繋がらないと思える事でも、考え方や発想次第では、「経験」はいくらでも役に立つと、自分は考えます。
    ちょっと偉そうですがw、人生の先輩として一言だけ。
    目の前にある仕事や練習を、一生懸命こなす事をオススメします。(音楽に関係したモノでなくても。)
    手を抜く方法は、後でいくらでも思いつきますから。
    ではでは~
    加藤さんにとって余計な意見でしたら、申し訳ないです。

  8. 匿名 さん

    匿名でごめんなさい。
    加藤さんへ
    『最後に、レコーディングで録った歌送るんで、聴いて貰えますか?』
    この質問はちょいとマズいと思いますよ。だって、Suaraさんは何て答えればいいのでしょう?これじゃ、無視する事も難しいですよね?
    例えば、今は動画サイトで音声、映像をアップする事が出来るのだから、そうして自分のホームページとかから、リンクを貼って、暇な時に観て下さい。興味があれば観て下さい。で良いのではないでしょうか?
    MySpaceとかね。

  9. 葉月かいと さん

    基本の大切さ、間違いないですね。
    私の仕事は基礎知識の上に成り立つ技術が多々あるので、その事はとても実感しています。
    また、基礎部分を知っているからこそ、人からのアドバイスを理解する事が出来るようになりますしね。
    仕事とは別に趣味でバイクに乗っていますが、こちらもやっぱり基礎が大事だと感じました。
    街中で走っている人や、サーキットを走る人を見たとき、
    明らかにこの人は上手だなと思う人が居ます。
    発進やブレーキといった一つ一つをとってもそうなんですよね。基礎が固まっていない人の走り方はどこか見ていて綺麗じゃないです。
    ってこんな話をしても仕方が無いですね^^;
    加藤さん
    きっと自分の中に自分で解決できない部分や見えない部分があって苦戦されている所があるんでしょうね。
    でも、もがいてもがいてクリアしてもすぐに次の壁が来て。。。
    プロの世界ってそんなだと思いますよ。
    先ずは自分の中でもうどうしようもないって位までもがいてみましょう。
    それでもダメなら身近に先生となる人が居るのですから、その先生に相談してみましょう。
    ・・・既にそこまでされているのかもしれませんが^^;
    後は匿名さんが仰られているように、動画サイトに投稿してみるのは有りだと思いますよ。
    もしかしたら、絶賛されるかもしれませんし、ダメだしをされるかもしれませんが、自分のレベルアップのための活力にして頑張りましょう。
    私はSuaraさんや加藤さんとは違うステージでプロとして頑張ります。

  10. EBI さん

    こんにちは。
    アニカンは毎月、日本橋のお店で入手して読んでいます。
    歌についての、加藤匡次郎さんの質問~Suaraさんの
    お返事~皆さんのコメント、じっくり読ませていただきました。
    あらためてSuaraさんの歌・音楽に対しての取りくみ方を
    知ることができましたし、質問された加藤さんもたいへん喜んでおられるようで、ブログでこういうやりとりも良いなあと感じました。ちょうどラジオ番組で、質問や悩みなどの相談のハガキを紹介してお話をされているような感じで、しっかり真剣に答えてくださるSuaraさんが素晴らしいです。
    いろんな歌手のかたの歌をCDやライブで聴きつつ、ライブのMCや、ラジオのゲスト、雑誌のインタビューなどで、その方にとっての歌・音楽とは?ということをあれこれ知るわけですが、本当に一人一人違うといってもいいほど、皆さんいろんな形で歌・音楽と向き合って、そしてともに生きておられると感じます。
    歌うといっても、レコーディングとライブではまた全然違うでしょうし、また年月とともにさまざまな変化もあるでしょうから、歌手として歌い続けるということが、そのままずっと歌手としての成長をしつづけるということかもしれません。
    Suaraさんがこれからどんな歌手となっていかれるのか?
    これからも聴きつづけていきます、がんばってください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です