DIARY

『Infinity 希望の扉』ありがとう♫

Suara 8th Album 『Infinity 希望の扉』発売から一週間ちょっと経ちました。
あらためて、聞いてくれた皆さんありがとう!!
待っていてくれてありがとう!!
 
発売週は、たくさん歌う機会がぎゅっと詰まっていて、とにかく全部元気で歌えるように体調崩すまいと緊張感のある日々でした。
無事いろいろ終わって、私もあらためて出来上がったアルバム聞いて振り返っています。
 
K−POPの世界では、そのアーティストさんがアルバムを出したり新曲を出すことを「カムバック」「カムバ」というらしいんですが、「引退していたわけでも休止していたわけでもないのにカムバックなんだ??」とはじめはピンと来なかった。
 
今回私も久しぶりにアルバムを出して、皆さんが待ってくれていた事を実感したり、色々なメディアに出させて頂いたり、アルバム発売に伴う動きの大きさを再認識しました。
 
そして今もまだこうして自分が小さい頃から憧れていた音楽シーンという所で活動させてもらえる事に感謝しつつ、皆さんのもとに“カムバ”出来た事の喜びを噛み締めています。
(日本と韓国の音楽の活動形態は実際結構異なるらしいし、結びつけているわけではないんですが、ファンのもとへカムバックっていう感覚をふと実感したもので…(^o^)
 
さて!!今回のアルバム、皆さんはどんな感じで聞いて下さっていますか??
 
タイアップ曲が大半を占め、すでにシングルや配信で聞いてもらっている曲も多かったので、もちろん楽曲として素晴らしいものばかりだけど、「新アルバム」としての伸びしろというか価値を皆さんにもっと感じて満足してもらえるようにしなきゃ…とか、毎回アルバムに新曲をどれだけ入れられるか!?みたいな部分はいつもすごく気にしていて、私もタイトルチューンでもある「希望の扉」の作詞作曲を必死にやっていました。
 
でも今振り返ると、「何をそんなに心配していたんだろう!?」と思うくらい、たくさんの方のお力があって、作家さんはじめレコーディングに参加して頂いたミュージシャン、ジャケットやブックレット制作のデザインスタッフ、Infinityのロゴデザインスタッフさん、すべての皆さんのお陰で、想像の何倍も素敵で私自身もこの先ずっと聞いていきたいと思えるアルバムになりました。
 
シングル曲もアルバムの中の流れで聞くとまた新鮮な印象を受ける不思議…
 
8枚もアルバムを出させて頂いてきましたが、あらためて実感することも多く、とにかく今は感謝の気持ちでいっぱいです。
 
是非この『Infinity 希望の扉』、末永く聞いていただければ嬉しいです♫
 
長くなりましたが最後にInfinityのロゴマークに隠された!?意味を種明かし(^o^)
 
8枚目の「8」
Suaraの「S」
Infinity=無限大のマーク「∞」
モノクロームメビウスにちなんだ「メビウスの輪」
 
でした!!

 

 

 

『Infinity 希望の扉』ありがとう♫ への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。