DIARY

女三世代、読破♪

最近読んだ小説です♪
唯川 恵さんの「だんだんあなたが遠くなる」
20081029.jpg
タイトルからして、こういう小説好きです^^;失恋系。
主人公に共感しすぎてめっちゃ泣きました(>_<)
涙で濡れてもぅ本がふにゃふにゃ…
いやいや、お風呂で読んでたからなんやけどねっ(笑)
文字の向こうにすっと情景が浮かんで
流れていく感じが、ホントに自然でした。
小説家さんってすごいなぁ!
この本を食卓の上に置いてたら、
いつの間にか母も、そして
92歳の祖母も読んでたみたいです(*^-^*)

女三世代、読破♪ への5件のコメント

  1. 葉月かいと さん

    私も最近何冊か本を買って読みました。
    1冊はSuaraさんも日記でとりあげていた「おくりびと」の原作となった「納棺夫日記」です。
    何だか哲学書などを読んでる気分になる難しい本でしたが、もう少し人生経験を積んでからもう一度読んでみたいなと思う本でした^^
    本は良いですね。
    自分が知らないことや体験できないような事を文字を通して伝えてくれる、経験させてくれる。
    Suaraさんのご家族にも人気のあった本のようなので、ご紹介にあった「だんだんあなたが遠くなる」は、私も是非読んでみようかと思いますw

  2. きっか さん

    最近は本を読む機会が無くなりました。
    読みたい!と言う本もなかなかなく、知り合いに強引に勧められた時に読むぐらいですw
    自分は失恋系はちょっとと言うか凄く苦手です。
    なんかくらい話って駄目なんですよね><
    最後にハッピーエンドになるとわかってても心が痛みます;;

  3. ふぃの さん

    Suaraさん、こんばんわ。
    おばあさん、92歳で恋愛小説を読むなんてすごいですね~。若々しいというか、びっくりです!最近軽いエッセイぐらいしか読んでなかったんですが、少し長めの小説を読んでみたくなってしまいました。
    書いてある文章そのままの風景を見せてくれるのがいい小説ならば、歌で小さな宝石のような記憶を呼び起こしてくれるSuaraさんはやっぱり素晴らしい歌手なんだなぁと改めて思いました。

  4. マナティ さん

    Suaraさん、こんばんは~。
    小説ですか~。う~ん、最近はライトノベルしか読んでないですな~。
    普通の小説も読もうとは思うんですけど、あまりにも読みやすくてついついそっちを読んじゃうんですよね~(^0^)
    しかし、自分が経験してないようなことでも、読むだけで経験したような気分にしてくれる。
    簡単にその世界の中に入り込むことができる小説や本は本当にいいですよね~。
    唯川恵さんの“だんだんあなたが遠くなる”。Suaraさんだけではなく、ご家族の方々にも好評だったようなので、僕も機会があれば読みたいと思います。ではでは~。

  5. EBI さん

    こんにちは。
    (出張でしばらく出かけていてコメント書けませんでした。)
    唯川恵さんの「だんだんあなたが遠くなる」、どんなお話か、また読んでみたいと思います。(名前は知っていても作品を読んだことがない作家さんもたくさんおられて・・・)
    読書は、家ではなかなか時間がなくてできないのですが、
    通勤電車の中でいろんな本を読んでいます。
    途中乗り換え1回を含めて1時間ほど電車に乗るのですが、快速ではなく普通に乗ったり、できるだけ座れるようにして、朝は睡眠or音楽、帰りは本か雑誌を読むといった感じです。
    (あと、出張の新幹線が読書に最適!)
    週に2~3回は、なんばの大きな書店2軒を定期訪問して、
    ゆっくり時間をかけて店内を見て回って、気になった本を
    買ってみたりしています。ちょっと高いハードカバーの本は
    古本屋さんで買ったりしますけどね。
    書店では、知らない作家、知らない作品も、とにかくたくさん
    ありすぎて・・・という感じなので、Suaraさんの日記の紹介
    のように、何かちょっとのきっかけで、またいろんな作家や
    作品との出会いがどんどん増えていくといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です