DIARY

お花☆

このところ大きな余震が頻繁に起きていて、まだまだ不安な日々が続いていますが••••
だいぶ暖かく、春らしくなってきましたね。
先日TVのニュース番組を見ていて、
被災地で桜の世話をしてらっしゃるおじさんの、ある言葉がとても印象に残りました。
ご自身も被災されていたと思うのですが、みんなを元気づけるためにと木の手入れをされていました。
「自然の脅威だけではなく、自然のパワーを見せたい」
本当に深い言葉だと思いました。
そうやって人間は、ずっと自然と向き合って生きてきたのだな、と。
自然の脅威を恐れる反面、自然の恵みに感謝する時もある。
今回の地震や津波の被害を考えるとなかなか割り切れることではないですが、
このおじさんの言葉や行動には、胸に来るものがありました。
↓↓ これは最近父から送られてきた写メです。
実家でちょっとした花壇を作ったそうです。
母が嬉しそうに植えていたそうですが、本当にお花は心が和みますよね♪
11-04-07_003-2.jpg
11-04-07_005_2.jpg
p.s.
サイトでご報告させて頂きましたとおり、皆様からお預かりしていた義援金は、ライブの収益と共に日本赤十字社さんへ無事納めさせて頂きました。
ご協力頂き、本当にありがとうございました。

お花☆ への5件のコメント

  1. よういち さん

    Suaraさん
    かわいい

  2. きたはら さん

    お疲れ様です。
    ライブの収益の半分も募金されたのですね。
    赤十字という事で、企業としては税金対策になるとしても、その心意気に感銘致しました。
    ささやかながら、自分も出来る限りの事をしています。
    被災地以外に住んでいる人間が、今は特に頑張る時だと思いますので。
    あのライブで体験した出来事は、自分にとっては結構貴重でした。
    前にも増して、前向きに頑張りますよ。
    ( ゜ ω ゜ )

  3. EBI さん

    こんにちは。
    自然が持っているパワーに比べると、我々人間の力は、
    足元にも及ばない小さなものだと今回改めて感じました。
    自然の脅威は信じたくないほどに恐ろしいかぎりですが、
    これからはまた再び、自然が持つ美しさややさしさを
    信じて皆が暮らしていければいいなあと思います。
    今はまだ被災地に花を贈ったり、植えたり育てたりという
    ことまではできない段階なのかもしれませんが、
    亡くなられた方々のご冥福をお祈りするためにお供え
    するお花や、被災地の皆さんの生活の中で明るさや
    安らぎを感じることができるようなお花が、これから先
    少しずつ増えていってくれたら・・・と思っています。
    ちょっとした鉢植えや花壇があって花が咲いていたら、
    それだけでも雰囲気が全然違いますからね。
    お母様が花壇に花を植えて、お父様が写メをとって、
    はなれて暮らす娘さんへ実家の様子を伝える・・・
    Suaraさんちは、いいご家庭、すてきなご家族ですわ。

  4. 葉月かいと さん

    「自然の脅威だけではなく、自然のパワーを見せたい」
    本当にその通りですね。
    ここ最近の地震で、自然は怖いものといったイメージが前面に出ていますが、自然は怖いだけじゃなく、素敵なものですよね。
    花や草木のある家って良いですよねw
    私の場合、1Kの賃貸なので、花壇とかは作れないのですが、
    最近プランターに植えて育て始めています♪

  5. ZOU さん

    私達は、自然と共生することなしには、生きていけません。
    自然を侮ることなく、恐れることなく、正しく理解する努力を続けていくことが大事なのだと思います。
    例えば自然科学だったり、こうして花を育てることだったり。
    いつまでも、自然の恵みに感謝し、自然を敬う心を持ち続けていたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です